最終更新: 2017-04-30 (日) 00:23:46

ユエス・ディエス



  考え中


Profile

種族Evil of Death(リッチ)
性別??
年齢1020歳↑
身長約180cm 強
性格三下系時々キチガイ
一人称
好きなもの珍しい種族、部位、レア魔法、魚介類

略歴的なもの

元々は大きな街の盗賊ギルドの職員になったはぐれのエルフ。
うっかり契約について調べ物をしてたら位階の低い従属神「契約神 セーヴァ」の神託を受け聖職者に。

そのまま聖職者 兼 魔法使い 兼 盗賊で余り表沙汰にできない怪我や魔法を癒したり鑑定する業務に従事。
居れば便利な男として重宝されていた。

このままキャリアアップしていけば、後ろ暗いながらもまぁまぁ、平凡な裏街道人生を送るはずだった。
(クレリック LV.2 / ウィザードLV.1 / シーフLV.2 みたいなもの)

ところが。

住んでいる町の外れにある枯れた遺跡で起きた出来事のせいで人生がトチ狂ってしまった。

望んでないがリッチになった後は周りに流されたり、状況が勝手に動いたりの間に強制レベルアップ。
眷属になってしまった者たちを養うために色んなことをして日々を過ごしている。

出身世界だと生き辛い(死んでるけど)他世界に出張して放浪する人生。

人生の激変した日

  1. 高位の暗黒神官が「大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウ」の[不滅の秘法]を行おうと画策
    1. [不滅の秘法]の準備までは滞りなく完了していた
  2. いざ儀式の際、それを掴んだ正義の冒険者が超乱入
    1. 大乱戦に突入
  3. 暗黒神官が強行した儀式を失敗(ファンブル)し、儀式の効果が全然関係ない他人にすっ飛んだ
  4. 街の住人全員の中から抽選で一人が選ばれ、めでたく ユエス が当選
    1. 強制的に「大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウ」が[不滅の秘法]を発動
    2. 加護が付与され、種族書き換えがスムーズに発生
  5. ユエス はめでたくアンデット系の種族リッチ、それも「クルード・リッチ」へ転生した

この儀式が行われた際、自宅のベッドで寝ていた ユエス は全身にとんでもない激痛が大発生。
のたうち回って鏡を見たら自分が見た目スケルトンになっててパニック状態になった。

リッチは周囲に負のオーラを撒き散らすため、何事かと様子を見に来た近隣住人がバタバタ卒倒。

街の警備隊が急速に接近し、このままでは

街中に超高位アンデットのリッチが唐突に出現

という露骨に具合の悪い事件が大発生となりそうに。

しかし、今日は儀式があること自体は知っていた盗賊ギルドの手回しにより ユエス は街を一旦離脱。

何の覚悟も心得もないまま盗賊ギルドと大暗黒命神教団に囲われることに。
脅されたり怒ったり祭り上げられたり泣いたり、ロクでもない目に合いまくる日々に突入。

世界に居辛くなったので別世界にちょくちょく旅立ったりしてる間に千年経った。

種族:Evil of Death

不滅の秘法を含めた詳細はアーク・K・クェーサーの不滅の秘法を参照

ユエスは自身で選択していないが、分類的にはクルード・リッチに属する。
(クルード・リッチは邪神の加護により転生したなど、信仰を持っている系統)

別に ユエス は「大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウ」の熱烈な信者でもなんでもない。

むしろ、間違えて転生させた件で大暗黒命神の方がちょっと悪いと思っている。
「契約神 セーヴァ」から不意打ちで信者を奪った結果もあり、やや、気を遣ってくれてる。

お陰で

  • 大暗黒命神の加護が手厚い
  • 契約神もめっさ運の悪かった哀れな信者をちょいちょい助けてくれる

結果として神聖領域、暗黒領域の魔法スキルが非常に高くなっている。

超高位のクレリックと化したユエスに信者が⇒両方の神へ信仰が⇒更に力が増えるスパイラル状態。
無いはずの胃痛が止まらない。

外見

本当の姿はローブをきた異形のスケルトン。

だが、それではどの世界でもバケモノ扱いは必死。

というわけで青白い肌のエルフかダークエルフに化けている。
エルフなんかが居ない世界では耳を人間の形に調整。

目つきがクソ悪いのは生前の顔をそのまま使っているからなので、生まれつきこんなんだった。

自称は流れの神官、もしくは魔法使い。
そういうのが無い世界では歴史の研究者とか適当に名乗る。

種族的能力

  • 一定ランク以下の物理攻撃と中級(最上位クラスは上級の一部を含む)以下の魔法を無効化する。
  • 近づく生物を衰弱させ死に至らしめる瘴気を纏う
  • アンデットであるが故、寿命が存在しない

という特性上、一般人はもとより高位の戦士、聖職者、魔法使いにとっても近くに居るだけで大変に危険

「Evil of Death」を頂点とする信仰を持つ「リッチ」はアンデットでありながら神聖系領域の魔法を行使する。
邪神の眷属として多数の悪魔・魔物を従え、周辺に甚大な被害を及ぼすとされる。

とはいえ、こんなんでは日常生活に支障を及ぼすこと請け合い。
頑張った封印魔法や軽減魔法、マジックアイテムで特性を隠匿している。

種族スキル/Evil of Death

  1. 精神作用・操作干渉無効
  2. 肉体ペナルティ無効
  3. 毒・病気・睡眠・麻痺・即死無効
  4. 飲食不要
  5. 呼吸不要
  6. エナジードレイン無効
  7. 肉体系能力ダメージ無効
  8. 寿命ダメージ無効
  9. 上位物理無効化:物理攻撃の95%を無効化する
  10. 上位魔法無効化:上級の一部を含んだ魔法を無効化する
  1. 上位神聖魔法耐性
  2. 大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウの祝福
  3. 契約神 セーヴァの祝福
  1. 暗闇完全視界
  2. 魔法的視覚強化
  1. エナジードレイン・タッチ:自身の接触した対象の生命力/魔力を吸収する
  2. エナジードレイン・オーラ:自身のオーラに接触した対象の生命力/魔力を吸収する
  3. エナジードレイン・リバース:自身の接触した対象へ生命力/魔力を提供する
  4. アン・レストレーション・オーラⅢ:自身が展開したオーラに接触した対象を(恐怖⇒混乱⇒発狂)させる
  5. 上級/中級/下級アンデット生成
  1. 打撃攻撃脆弱化Ⅴ
  2. 神聖ダメージ軽減
  3. 火炎ダメージ倍加
  4. 神聖領域での行動ペナルティⅡ
  5. 神聖領域での能力値減衰Ⅰ

ユエス・ディエス の取得スキル

  1. クリエイト・マジック
  2. フュージョン・マジック
  3. オペレーション・マジック
  4. オペレーション・セイクリッド・リチュアル
  5. オペレーション・ディセイクリッド・リチュアル
  6. ダーク・リーンカネーション
  7. ピアコネクト・天使/堕天使/悪魔
  1. 炎ダメージ無効化
  2. 悪魔/アンデット/暗黒神に属する種族への親和性強化
  1. 叡智の館     :記憶力を大幅に強化する
  2. 暗黒の淵     :暗黒系魔法を大幅に強化する
  3. 悪徳の王都    :眷属化した悪魔/暗黒神に属する種族を強化する
  4. 負の領域     :自身の能力を向上させる結界を発生させる
  5. 契約の天秤    :契約/約束した内容に沿う行為を強化する
  1. 盗賊術マスタリー :盗賊技術を完全に習得している
  2. 短剣術Ⅳ     :短剣技術を高レベルで習得している
  3. 魔法工匠マスタリー:マジックアイテムを製作する
  4. 彫金術マスタリー :装飾品を製作する
  5. ドクターⅣ    :医療技術を高レベルで習得している
  6. 書記Ⅳ      :文書作成技術を高レベルで習得している
  1. 神聖系魔法マスター
  2. 暗黒系魔法マスター
  3. 死霊系魔法マスター
  4. 電撃系魔法マスター
  5. 火炎系魔法Ⅳ
  6. 氷結系魔法Ⅳ
  7. 幻覚系魔法Ⅳ
  8. 探査系魔法 Ⅳ
  9. 生命操作系魔法マスター
  10. 次元操作系魔法マスター
  11. 重力操作系魔法マスター
  12. 魔力操作系魔法マスター
  13. 地形操作系魔法Ⅳ
  1. 召喚魔法マスター(指定召喚種族:悪魔)
  2. 召喚魔法Ⅲ(指定召喚種族:堕天使)
  3. 召喚魔法Ⅲ(指定召喚種族:邪精霊)

性格と傾向

討伐手配書には

  • 大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウの眷属
  • 悪魔と邪悪なるものを従えた光と法の大敵
  • 善き種族を滅ぼさんとする世界の反逆者
  • ヤツの言う平和ってなこの世の地獄のことだ!

めちゃくちゃ悪し様に言われているが、ユエス本人からすると

「状況と周りがそうさせただけ。」
「同じ状況になったら誰だってこーなるし、他の結果を出せるなら是非やってみせろ。」
「オレは悪くねえ、悪いのは世界の方だ。」

などなど。

リッチになってからも目立たない静かな人生を望んだのだが、周りの思い込みと認識がズレまくり。
このままではとんでもないコトになると知った後はもう手遅れだった。

  1. 穏便に収めようとする努力には力が必要
  2. 力を持たないとほんと、話にならない、やるしかない
  3. 力を持ったら誰もオレの言うこと聞いてくんない!
  4. むしろマトモに取り合ってくんない、この世界、もうイヤだ!

大暗黒命神と契約神のケアの結果、生前の性格をそのまま保ってしまっている。

性根は小悪党の三下で、大それた行為は余り好まない。
なんなら善行だって積む。

なので、世の中の自分への評価に耐え切れなかった。
一通り、嘆き悲しんだり憤ったりした後、別世界に旅立った。

眷属

経緯は色々あるが、結果としては悪魔や邪神群の生んだ種族を多く配下に持っている。
性根が小物なために見捨てられなかったり哀れんだりその他で、一杯増えてしまった。

彼らは種族的に大体悪いことをするので、そのままダイレクトに主人のユエスの悪評に繋がる。
(その配下に悪事を命じているわけではないのだけど)

出身世界で活動中の眷族も居るので、本人が居ても居なくても悪のカルマが溜まりまくり。

所持品

祭祀書「転生契約」

無限ページと索引機能を持った魔法の本。

ユエスがリッチになった後に書き始めた 日記 兼 メモ帳 兼 研究書。
日記を誰かに読まれるとか心が砕け散るので厳重にロックされている。

ちょっとでも心の安定のために日記を書こうと思ったのが始まり。

日々色んなことが起きるのでメモ帳に、魔法その他の研究もせざるを得ないのでそれも……
ってしてたら物凄い分厚くなったので魔法の本に切り替えた。

ユエスが手放さないので眷族はすごい魔導書だと思っているが、大変な誤解である。

短剣

リッチに転生する前から使っていた片刃の大振りな短剣。
刃に毒を塗る溝があったり、峰の一部が剣を受けて折る櫛状になっていたりする。

元は数打ちの量産品で、都度、部品を取替え取替えしているの。
刃から柄から、最初から残っている部品・部分は無い。ただ、ずっと同じ形をしている。

リッチになった後にも傍にあり続けたため、魔力や瘴気を浴びて割と呪いの武器と化している。
ユエス以外が持つと、持った相手を操作して自害させに行く。

魔域「オーグエルダ湾」

辺境にある急峻な地形を持つ湾で、現在は悪魔、魔物の跋扈する危険地域。
難易度SS指定にされた進入禁止区域でもある。

迂闊な侵攻は逆に悪魔、魔物の氾濫を呼ぶとされている。
事実、過去にそういった出来事もあったため、状況調査のクエストも凍結状態。

港町も湾の東西に2つあったらしいが、現状どうなっているのかは不明。
住んでいた住人は悪魔の侵攻を受け、全滅と考えられている。

真実は

  1. ユエスが定住しようとした場所を何となく選んだら、眷属が張り切ってしまった
  2. 山と崖とかをめっさ整地して大暗黒命神と契約神の神殿を建て始めた
  3. 現地住人は「あかん」と逃げようとするも、既に悪魔が山を封鎖しており失敗
    1. 実際は封鎖じゃなく、建築現場立ち入り禁止と言ったツモリだった
  4. すわ生贄か食物にでもされるのかと思ったが、そんなことは無かった
  5. どんどん悪そうな建物が山にできていく中、人間型の種族が取引を持ちかけてきた
    1. 断ったら死ぬと思った現地住人は快く承諾
  6. 100~150年くらい経ったあとは、まぁ、まぁ、どうにか住人らも落ち着いてきた
  7. 現在ではそこそこ上手く共存している
    1. 山、海ともに悪魔、魔物が出るが現地住人は襲われない
    2. うまく折り合いがつけば共同作業するケースもでてきた

は異世界に出ていて不在時期も多いが、割と地域の中では平和にやっている。
しかし外敵は悪魔と魔物が出て殺す。

地形
・ズルー半島南端の岬同士を結ぶ湾口は約56km、奥行きは約60km
・海の表面積は約2300平方km
・最も深い地点で水深2000m
・暗黒大神殿のある山の標高1800m
・湾には切り立った崖も多く、開いた穴からは悪魔や魔物が出入りしている
・湾を挟んだ反対側に港町が1つずつあり、現地住人はそこを中心に住んでいる
・現在の人口は不明
・駿河湾?うるさい、黙れ。

ゆえすの眷属

オーグエルダに居たり、ユエスと居たりする。

魔神将 アーマ・モート・アートマー

魔神の一柱にして魂の収奪、破壊を司る邪悪の化身。
昔はそりゃー凄い暴れたもんで、おとぎ話にも出てくるレベルのゴイスー悪魔。

単身で一軍どころか国を相手にできる、人間社会から見ると勘弁してくれっていう害悪。
冒険者や騎士がいつかは倒せるようにってカッコつけて目標にしても、実際出会ったら失禁ゴメンナサイする類のバケモン。

しかし、現在はユエスの眷属を束ねる家令の一人。

ワニと獅子をかけ合わせた異形とも、不滅の冥府の具現、闇の澱とも言われる姿は既に遠い過去のもの。
今はメイド服を来た長身の美人の姉ちゃん。

ユエスのためにオーグエルダの発展と、旅に出た先での後方支援と、日々頑張っている。
なんか最近、世話を焼く母ちゃんみたいなポジションになってきてることがちょっと悩み。

生きとし生きるものなど塵や芥よと思っていたが、ユエスのためならオーグエルダの住人にだって配慮する。
実際、オーグエルダの生命が死滅していないのは、アーマとかの上位者がしっかり統制して

「まぁ、あんまメチャしないでね。」
「住民は大事にしてやってね。仲良く、発展させていこう、多分役に立つから。」

というユエスの意を汲んでいるからである。

まぁ、元人間で感性がそのまま残ってるユエスのためには人間も必要だと理解している。

大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウだけでなく、契約神 セーヴァの領域の神聖魔法も使いこなす。
ユエスと揃いにしたいと大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウにゴネたところ

  • 大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウ
    • 魔神将 アーマ・モート・アートマー
  • 契約神 セーヴァ

という善サイドの神官が見たら発狂しそうな三者面談が実際された結果、無事に資格を貰った。

契約神 セーヴァ曰く
「絶対に冗談だと思ったら、本当に面接に来てビビりました。」
「ヤクザの親が娘をヨロシクって捻じ込みにきたのと変わらないです。」
「断るとか無理です。そんなん絶対に殺されるじゃないですか。」
「信徒ユエスに電話(念話)でメチャクチャ愚痴りましたよ、泣きながら。」
「その後?まぁ、ええ、むしろ問題が起きてないのが怖いです。」
とのことです。

<近影>
http://insanity.fool.jp/empire/eriy_all/src/1491743439713.jpg

滅びの夜 ニューク・ケイオース

闇の、転じては夜の支配者と言われる邪悪な女神の側面の顕現と言われるもの。
見通せない闇への不安、凍える夜の寒さを感じる時、それは彼女が見ているからであるとかなんとか。

その存在は極めて悪しきものとされているわけだが、実際、大体あっていた。
生物を死滅させ、大地と空気を穢していく瘴気を溢れさせて色んな場所を滅ぼした。

しかし、現在はオーグエルダの夜を管理するユエスの眷属。

青白いエルフのような少女~女性の姿に赤と黒の衣に、闇を纏った姿は割と怖い。

怖いが、住人には夜の生活について相談に応じたりもするし、夜の漁業のフォローもしてやる。
大暗黒命神の流派なら葬式だってしてくれる。
ユエスが「程々に優しくはしてやってくれ」って言ったので。

ニュークが夜を管理しているお陰でオーグエルダの治安はとても良い。
たとえ悪魔でも、ユエスの意に反する行いをすればすぐに検知され、処刑されるのであった。

まぁ、暴れたければオーグエルダの外でやればいいだけのこと。

<近影>
http://insanity.fool.jp/empire/eriy_all/src/1490519965862.jpg

Extra/character/虚(仮) こっち参照

戦鬼 イズミ・カーミュ

虚の同郷。
身体能力に優れた血筋の鬼で、元々が戦闘力至上主義のバトルマニア。
ユエスと一緒に行けば色んな世界で戦い放題だってんで、それ以外の全てを捨ててついてきた。

こっちの世界じゃあ悪魔や魔物やアンデットの中で気が合う戦闘大好き変態どもと日々鍛錬。
脳筋やバトルジャンキーが作った集団「インデックス」にも所属。
ローグエルダの外で一暴れしたり、侵入者でフェスティバったりして日々充実してる。

ローグエルダのバトルランキングでは大体、中の上くらい。

メイド服を着てるのはうっかり

「アーマってどんぐらい強いんすか!ぶっちゃけどーなんすか!」

って言ったらメチャクチャ殴られて、ちょっとは礼儀作法を学べとメイド扱いになった。

それ以外では港の料理屋「しめ鯖」で臨時の板前してたり、漁船に乗り込んで海洋モンスターを狩ったりしてる。

<近影>
http://insanity.fool.jp/empire/eriy_all/src/1492353372818.jpg

母鬼 アマユラ

虚の同郷その2。
気の扱いに優れた血筋の鬼。

長年連れ添った旦那が謀殺されて、お墓の前で泣いてて、ユエスに旦那の霊を呼んでもらったら

「あのヤロウ絶対許さん許さんオレを殺したことを後悔させてやる!」

って自分を一顧だにせずに犯人のところに飛んでって悪霊的リベンジをはじめたので茫然自失。

愛していたのは自分だけだったのか?私って何だったの?
と、世を儚んで自害しようとしたので、可哀想になったユエスと虚が連れてきた。

最初は事あるごとに海に身投げしようとしていたが、虚の体を張ったフォローでなんとか立ち直り気味の未亡人。

今は悪魔・魔物・アンデット・人間の区別無く、病人や子供の面倒を見てくれる優しい鬼。

旦那の一件は心にまぁまぁの傷として残っているので、新しい一歩は踏み出せていない模様。
そのせいか、服も基本的に黒い着物がベース。

<近影>
http://insanity.fool.jp/empire/eriy_all/src/1492179139316.jpg

神々の遊び

大暗黒命神 グレート・ダーク・ロウ

ユエスの世界ではとても上位に存在する暗黒領域の神。
寿命とか死とか、生物について命に関するネガティブな部分を司る。

担当範囲がそうなってるだけで、別に生命を忌み嫌ってるとか命を弄ぶ趣味は無い。
むしろ、命の大事さはよーく知っている。

外見は青黒い仮面に一つ目で、死者の象徴である髑髏を持った姿で描かれる。
しかしその仮面の下は、実は三眼の金髪美少女であることはレベル高い信者しか知らない。

魔物・アンデット・悪魔などが主な信者だが、時々、人間種も信仰している。

今の社会では悪神、邪神の扱いなのを誠に遺憾と思っており、そーいう扱いをするヤツにはそーいう結果を与える。
逆に、そーいう扱いをしない真っ当な信者には甘い傾向にある。

<近影/普段の姿>
http://insanity.fool.jp/empire/eriy_all/src/1491075208441.jpg

<近影/ほんとの姿>
http://insanity.fool.jp/empire/eriy_all/src/1490720620750.jpg

契約神 セーヴァ

ユエスの世界ではとても主となる神の配下、従属神と呼ばれる所謂下っ端の神。
契約、約束などの「ルール」を他の神と共同で司っている。

外見は白と黒の衣服を纏い、天秤や法典を持った妙齢の女性の姿で描かれる。
実際は服装はあっているけど、妙齢では全然ない女の子。
「信者が少ないから成長できんのじゃあああ」とは本人の弁である。

セーヴァのようなそんなに力があるわけでもないし、知名度もマイナー神は中々信者が増えない。
よって、フリーで良さそうなのを見つけると自分から信徒にしていく傾向にある。

ユエスを無事信徒にし、よっしゃーと思ってたらとんでもないことになって一時期、引き篭もった。

<近影>
http://insanity.fool.jp/empire/eriy_all/src/1493477977816.jpg


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-30 (日) 00:23:46 (2039d)